卒業制作受付

卒業制作イベントDay。

11月から約4ヶ月かけて、準備してきました。

誰に対して、何をやるのか、 そんなことから始まり、なかなか思うように進まず、 壁にぶつかるチームもあって、そして自分の力不足もあって、 これで当日迎えられるのだろうか・・・。 と、正直思うことも多々ありました。

でも、学生達は、最後まであきらめず、頑張りました。

当日本番前、 統括リーダー2人の掛け声で、全員で円陣を組みました。

涙ながらに言いました。

泣いても笑っても、皆でできる最後のイベント!

最後まで攻めていこうぜ!!!

卒業制作円陣

学生たちの親御様約60数名と、先生職員20数名を招いて、 イベントはスタート。

お出迎えから、受付、クローク、ご案内、すべて学生達がサービス。

お料理は、フードチームが 千葉の地産地消を使ってメニューを考え、手作りしました。

ドリンクはドリンクチームが 旬のイチゴを使ったジュースを手作り。

卒業制作 手作りお弁当

会場のガーランドやウェルカムボード、卓上花は、 コーディネートチームが担当。

ナチュラルカントリー風なイメージで統一し、 100均とは思えないくらい素敵にアレンジ。

卒業制作 卓上花

ハプニングもありました。

途中、プランナーチームの発表時、 あんなにリハーサル中はなんでもなかった映像が、 本番急に映らなくなってしまったのです。 震災をテーマに、 宮城石巻まで行き、現地調査し、 悩みに悩みぬいてたどりついた結果、作った映像でした。

言葉を失ったし、涙がでました。

でも、それでも、なんとか代用して、 最後まで発表した学生たちは、本当に立派でした。

そして、映像が流れず待っている間、 時間つなぎのために、 統括リーダーや各サービス担当の学生たちは、 親御さまと先生方の席を回り、 声をかけ、ドリンクをサービスしていました。

その姿もまた、本当に立派でした。

その後のビューティーチームのドレスショー。

こちらもまた、映像を使いながらのショーでした。

でも即座に相談し、対応して、何事もなかったように発表できたこと、 本当に本当に立派でした。

ラストは、感動チームによるありがとうの映像と、 フラッシュモブによる、パフォーマンスと感謝を伝える時間。

今年の2年生、58名。 涙もあったけど、素直で明るい皆らしく、 最後は笑って終わりました(^-^)/

卒業制作感謝の言葉

イベントが終わった後、 打ち上げの時、学生みんなからプレゼントをいただきました。

手作りペーパーフラワー。

先生、頑張って作ったんだよ! ずっと枯れないよ! と言う学生たちの気持ちが、心遣いが、何よりうれしかった。

卒業制作 手作りフラワー

人に感謝できること、 人が喜ぶことを考えて動けること、 あったかい心を持った2年生みんなを、 一生忘れません。

学生たち、そして一緒にイベントの授業を進めてきた先生のおかげで、 私にとっても、宝物の1日になりました。

2016.2.20.

Follow me!