SさんHさんwedding

先日担当させていただいたWedding。

天気に恵まれて、その日はお兄さまのサプライズから1日がスタートしました。

新婦のお兄さまが、新婦さまに内緒でリムジンを用意。

しかも、驚くことにお兄さまの運転で会場までいらっしゃり、 その後、リムジンとともにお写真撮影。

8時間近くもかけてリムジンを磨いたそうで、 小さい頃は散々妹をいじめたんですと照れながらも、 お兄さんのあたたかい愛情を感じました。

新婦さまが着られているドレスは、桂由美。

レースが繊細で、ラインもとてもきれいで、 いつもにましてご新婦さまはとても綺麗でした。

披露宴入場

本当はお色直しをしないつもりだったお二人。

でも、衣装合わせに行った時、 新郎さまのタキシードは新婦のお父さまが、 新婦さまのカラードレスは新郎のお父さまが 選んで下さったそうで、 その想いもあり、着られることにしたそうです。

新婦さんのお母さまは、寝不足ながら、席札を手作り。

こんな立派な席札は見たことないくらい、 想いが愛情がつまっていました。

手作り席札

新郎さんのお父さまは最後の謝辞でおっしゃいました。

一年前に入籍はしたけれど、 息子が結婚して夫婦になったという実感はあまりなかったんです。

だけど、今日こうして二人の姿を見て、 あ~、本当に夫婦になったんだなと、親として改めて実感することができました。 と。

結婚式は、 新郎新婦お二人にとってももちろん、 親御さまはじめご家族ご親族皆様にとっても、 両家が家族の一員になるという新しい絆を実感する場でもあるのかもしれません。

お互いがお互いを思いやり、それが絆となった結婚式。 本当に素敵なお二人、ご両親さま、ご兄弟、ご親族さまでした。

心から、おめでとうございます。

2016.3.3.

Follow me!