1年前にすでにご入籍されていたおふたりのご結婚式を

担当させていただいた時のこと。

元々は、結婚式を挙げるつもりはなかったけれど、ご両親やご家族、ご親族の方々にお披露目とご報告を兼ねて、結婚式を挙げることにされたおふたり。

結婚式当日、お父様が謝辞の時におっしゃったお言葉。

「ふたりは、付き合っていた時から実家にも遊びに来ていたので、結婚・入籍した後も、その延長線上で、結婚したという実感がないまま過ごしてきました。でも、今日ふたりの姿を見て、あー本当に夫婦になったんだなぁと、改めて親として実感することができて、とてもうれしいです。」

お言葉の中に、親としてのお気持ちがつまっていて、お父さまの嬉しそうに笑う姿がとても印象的でした。

おふたりにとって、ご結婚式は一生に一度の特別な日だけれど、

親御さまにとっても、特別な日。

それぞれの立場で、それぞれのお気持ちがあって、迎える日。

おふたり、ご両親、ご兄弟、ご親族、ご友人…..ご参列される皆さまが、たくさんの笑顔と幸せにあふれる1日になるよう、これからも精一杯お手伝いさせていただきたいと思います。

2018.5.10.

 

Follow me!