初めてお会いしたその時から、ご新郎さまから依頼されていたことがありました。

それは…

ご新婦さまに、思い出の曲をピアノで弾いてプレゼントすること。

もちろん、サプライズ。

お仕事も、学業にも熱心なご新郎さまは、忙しい毎日の中で時間を作り、

それから半年近く、ご新婦さまに内緒でピアノ教室に通いました。

そして、いよいよその時が。

♪~レミオロメンの『3月9日』。

グダグダで、全然思うようには弾けなかったと、お開き後ご新郎さまは言っていましたが、ご新婦さまは、その姿を心配そうに、でもとっても嬉しそうに、見守っていらっしゃる姿が印象的でした。

ご新婦さまに、内緒でピアノ教室に通っていたことや、

こっそりキーボードを買って、家でも練習していたことや、

前日も会場でリハーサル練習していたことをお伝えすると、

「すごく嬉しかった、でも全然わからなかったです!!」と笑っておっしゃっていました。

 

ピアノが上手い、下手ではなく、ご新郎さまの想いは、ご新婦さまにちゃんと届いたことが何よりもうれしく、幸せな時間に立ち合わせていただきました♡

『結婚式っていいね!』

2018.6.3.

 

Follow me!